沖縄生まれの地域密着型情報サイト

食べる

知念製菓 和菓子 四季彩

チネンセイカ ワガシ シキサイ

和洋菓子 那覇市

9月 【長月】

2017.10.13


【重陽の節句】
旧暦の九月九日は重陽の節句
「きせ綿」は菊花を綿で覆い、その露や香を移し取り、
翌朝その綿で身体を拭うと長寿を保つという謂れです。

「きせ綿」 煉切・小豆こしあん


「白菊」 薯蕷・小豆こしあん


「乱菊」 煉切・小豆こしあん


「重陽」 煉切・小豆こしあん


「菊華」 煉切・小豆こしあん


「夏菊」 求肥・白あん


「優り草」 外郎・白あん

******************************************************************
【お彼岸】


「おはぎ」 道明寺


新暦九月二十日は彼岸入り
秋彼岸に「おはぎ」はいかがですか 

 「ぼたもち」 と 「おはぎ」
 仏壇がある家では彼岸前にでも掃除をし、花などを生け、
 ぼたもちなどをお供えします。
 春は「ぼたもち」、秋は「おはぎ」といいますが、実は同じ物。
 これは季節の花に関係しています。
 春は牡丹、秋は萩にたとえられています。

******************************************************************


「彼岸花」 煉切・小豆こしあん


「こぼれ萩」 外郎・白あん


「秋明菊」 道明寺・白あん


「尾花」 薯蕷・小豆こしあん


「秋草」 浮島・白あん


「秋めく」 きんとん・粒あん


「秋の訪れ」 煉切・小豆こしあん


「茜空」 外郎・小豆こしあん


「秋風」 黒糖蕨・小豆こしあん


「郷の秋」 外郎・白あん


「虫の音」 道明寺・小豆こしあん


「竜胆(りんどう)」 外郎・白あん


【 天然忌 】(9月13日)
・鶉餅(うずらもち) 外郎製 小豆こしあん

このページのTOPへ

ログインして
お気に入りをクリップしよう。