沖縄生まれの地域密着型情報サイト

食べる

知念製菓 和菓子 四季彩

チネンセイカ ワガシ シキサイ

和洋菓子 那覇市

5月 【皐月】

2018.06.09

「唐衣」(からごろも)

【端午の節句】「かしわ餅」
新芽が育つまでは、古い葉が落ちない柏の葉にちなんで、
家系が絶えない(子孫繁栄)という縁起もの。
ご家族でお子さまの成長を祝いましょう。


◆「柏餅」(かしわもち)
・白餅(小豆こしあん)・草餅(小豆粒あん)


◆「粽」(ちまき)   「柏餅」(かしわもち)


◆「鯉のぼり」(こいのぼり) 煉切・小豆こしあん



◆「杜若」(かきつばた) 煉切・小豆こしあん



◆「あやめの園」(あやめのその) 道明寺・白あん



◆「唐衣」(からごろも) 外郎・小豆こしあん

か・唐衣
き・着つつなれにし
つ・妻しあれば
ば・はるばる来ぬる
た・旅をしぞ思ふ (業平)

在原業平が都に残してきた妻をしのび、杜若(かきつばた)が
咲きにおう三河国八橋で詠んだ歌に由来しています。
各句頭に「か・き・つ・ば・た」の五文字が詠み込まれています。


◆「花菖蒲」(はなしょうぶ) 蕨・白(紫)あん



◆「早乙女」(さおとめ) 浮島(抹茶)・白あん


『母の日』


◆「薔薇」(ばら) 煉切・小豆こしあん



◆「若夏」(わかなつ) きんとん・小豆粒あん



◆「若鮎」(わかあゆ) 薯蕷・小豆こしあん



◆「青梅」(あおうめ) 外郎・白あん



◆「額紫陽花」(がくあじさい) 外郎・白あん



◆「露の花」(つゆのはな) きんとん・小豆粒あん


『時鳥の落とし文』


◆「落し文」(おとしぶみ) 煉切・小豆粒あん



◆「牡丹」(ぼたん) 求肥・白あん



◆「水藻の華」(みずものはな) 道明寺・白あん



◆印は販売終了となっております

このページのTOPへ

ログインして
お気に入りをクリップしよう。